HOME >> エコな段ボール >> 身近に感じられるエコって何だろう?

身近に感じられるエコって何だろう?

皆さんは身近な物にエコを感じることはあるでしょうか?

ゴミの分別や、少しでも出てしまうゴミを減らそうとする所などは、確かにエコを考えているのかもしれませんが、そればかりではなく商品や普段使っている物に関してエコを感じたことはあるでしょうか。

みあぢかな物というので想像すると案外浮かびづらい人も居るのかもしれませんが、案外身近にあるからこそ気づけて居ないだけという人も入ると思いますので、ぜひ周りに目を向けてみてください。

最近では買い物などをした時に利用されるビニール袋などを、出来るだけ利用しないようにエコバックなどを持ち歩いてもらったりしていると思うのですが、場合によってはダンボールなどを無料で置いていてそれを使ってもらっている所なんかも見た事がありませんか?

実際に袋を持ち歩いていない人は、ダンボールに荷物をつめてそれを車で運んで帰るという人も居ると思います。

ではビニール袋はダメだけれどダンボールを使う理由というのは何なのでしょうか?結局資源を無駄にしているのではと思う人も居る事でしょう。

ですがダンボールというのは、どうしても商品を運ぶのに必要になるものですから、スーパーなどでは特に溜まってしまいますよね。

それらを利用してもらい、でも結局は処分されるのでは意味が無いと思うかもしれませんが、ダンボール自体がリサイクルにより処分されてもまたダンボールに生まれ変わることが出来るのでしょう。

ですから、そういった「無駄」になるのは少ないという事、これも身近なエコロジーの一つなのではないでしょうか。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。