HOME >> エコな段ボール >> ただ「使わない事」がエコではない?

ただ「使わない事」がエコではない?

エコロジーという言葉が現代では様々な所で飛び交っていますよね。

それほど今の人々には無駄が多く、資源の無駄遣いやそれを使ったは良いものの再利用する事も無く捨ててしまうことなどが多いのではないでしょうか?

ではそれを改善するのにはどうしたら良いのかと悩む事になると思うのですが、そこで注目するべきなのは、ダンボールやビニール袋、日常で使うようなそういった資源などをただ「使わない事」では無いのです。

実際ダンボールやビニール袋などはどうしても必要な時があると思いますし、使ってしまう事にもなると思いますから、極度にただ使わないという事には限度があるでしょう。

皆さんの中で少しでも減らす事は出来るのかもしれませんが、減らすことは出来ても無くすことはできません。

少しずつ、本当に少しずつにしても、必ず資源は減っていっているのです。

そんな中でのエコロジーを意識したダンボールやビニール袋などのエコ方法といのは、基本的に再利用になるのではないでしょうか?

無駄にゴミを出してしまったのであれば、それを使って何か新たなものを産む、そういった事が必要になるのでしょう。

何をするにしても、やはり人が生んだ物をただゴミとするのではなく、それを利用して新しいものを生んでしまうことで、下手なゴミを削減するというのも重要なことだと思います。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。