HOME >> エコな段ボール >> 生産は環境に配慮して

生産は環境に配慮して

段ボールそのものはリサイクル率が高く、環境保護にも貢献している素材ではありますが、その段ボールの生産が環境に無配慮なものでは、段ボールという素材が持っている魅力が半減してしまうことになります。

リサイクルで再生される段ボールを生産するために、熱エネルギーを必要としますので、段ボールの生産を扱っている工場では、エネルギー燃焼や二酸化炭素の排出の削減などに積極的に取り組む姿勢が大切となります。

このような取り組みを進めることは、地球温暖化への対策としても大きく有効となるだけではなく、段ボール工場では生産の効率を向上させることにもつながります。

段ボール工場では、生産時のエネルギーを重油から液化天然ガスなどへの転換を進めることによって、発熱量を減少させることができます。

また工場では大量の電気も必要としますが、太陽光発電などに切り替えることによって、電気の供給量を大きく減少させることが叶い、さらに自家発電を行うことができれば、工場で使用する電気を作り出すことができますので、電気の使用量の大幅削減につながります。

これらの熱エネルギーや電気の節約などの実績は、二酸化炭素の大幅削減へと結びついていて、工場で実践される効果は大きいと考えられます。

工場で使用されるさまざまな設備に関しては、省エネルギータイプのものに交換することで性能は上がり、使用燃料を減少させることができますので、検討してみる価値があります。

工場だから物を生産する時に空気や水などを汚しても当たり前という時代はかなり昔に過ぎ去っています。

質の良い品物を生産することが求められながら、一方では空気や水をクリーンに保つ努力をする工場が未来に生き残ることができる工場となるのです。

雨水や排水を再利用できるような設備を整えること、新たな燃料源の開拓、生産工程を整理して人員を整えることなど、まだまだ工場という大規模で行うことができる対策がたくさんあるはずです。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。