HOME >> エコな段ボール >> 再利用できる

再利用できる

エコロジーについて大切なことは、無駄な物を買わないこと、また物を所有する場合にはできるだけ使い捨てずに長く大切に使い続けることなどが考えられます。

物を使い捨てる傾向が強くなる以前、ゴミの収集は有料ではありませんでしたし、ゴミを捨てることに関する制限も少なかったのではないでしょうか。

現在は捨てるゴミを入れるためにゴミ袋を購入しなければならなかったり、大型ゴミを捨てる時には、捨てる数に制限が設けられていたりする地域もあります。

ゴミが増えないようにするために、ゴミを有料化し、制限を設けなければならない状態にあるのです。

これらの捨てられていくゴミは再生が難しく、焼却できるものであっても焼却にはエネルギーが必要で、焼却できないゴミは埋め立て場所探しに苦悩している状態で、そのうち埋めることができる場所もなくなってしまうかもしれません。

段ボールに関しては、リサイクル率が非常に高く、使用後の段ボールは地域の廃品回収などで集められ、新たな段ボールとして再生するための原料となっていますので、これらのゴミとは状況が違っています。

その段ボールのリサイクル率は90パーセント以上と言われていて、外国からの段ボールを含めて考えると、100パーセントを超えてしまうのではないかという数値が高い状態です。

このようにきちんと段ボールを再利用するサイクルが定着している日本でのシステムは、世界的に見ても評価が高いものとなっています。

使用後の段ボールが新たにきれいな段ボールとして再生されるためには、このリサイクルの波に乗せるために、使用した人が責任を持って段ボールを回収してもらうようにすることが重要となります。

一般ゴミとして段ボールを捨ててしまったり、屋外に放置して濡れたり汚れたりしてしまうと、リサイクルすることが叶いません。

段ボールが有効に次の段ボールの原料となり、再生されるためには、使用する人の意識の高さが大切だということになります。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。