HOME >> エコな段ボール >> 省資源で輸送を

省資源で輸送を

段ボールの省資源化は、現代の環境問題の柱となっている課題ではありますが、段ボールを扱っているメーカーではこの傾向をどのように考えているのでしょうか。

段ボールの原料使用が減って、段ボールの生産に伴うエネルギーの節約にもなるのですから、コストダウンという点では決して悪いことではありませんが、使用する段ボールを減らしたり、無駄な部分を省いたりする方向でアイデアを挙げるということは、段ボールを販売している会社にとって、売り上げが減少する可能性を考えなければならないのかもしれません。

でも、必ずしもそういうわけではなく、段ボールの使用は省資源で抑えて、新しくコンパクトな梱包で発送するということをクライアントに提案することは、相手の企業へのコストダウンにもつながる話となり、以前よりも売り上げはアップする可能性を持っているのです。

これまで確実に商品を保護しながら輸送を行うためには、発泡スチロールなどの段ボール以外の材質にも頼る必要があったのですが、このような材質の緩衝材は段ボールのようにリサイクルできる特性は持っておらず、限りある資源から作り出されていて、いずれは使えなくなってしまう素材です。

環境を考えながら、商品の輸送を行うためには、このような別素材の緩衝材に頼ることなく、段ボールのみで全てを包み込むことがベストなのです。

そうなると、段ボールに切り込みを入れ、パーツを組み合わせていくことで、段ボール緩衝材として活用することになります。

緩衝材として優れたデザインを生み出すことができれば、段ボールのクッション性も手伝って、輸送に充分に耐え得る形状になりますので、安心して商品を運ぶことができます。

商品が包まれている段ボールが省資源なら、全体的にコンパクトになりますので、一度の輸送で運ぶことができる商品の数も多くなり、輸送で往復する回数までも減らすことができるというおまけ付きのコストダウンとなります。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。