HOME >> エコな段ボール >> デザイン設計

デザイン設計

段ボールのデザインについて意識して見るということは、よほどきれいで斬新なデザインではないかぎり、あまり機会がないことかもしれません。

ですが、段ボールがとても大切な存在であると認識している企業では新商品のデザインを担当するデザイナーとは別に、段ボールのデザインを担当するデザイナーを配置していることがあります。

新商品への期待度が高いほど、その商品がどのようなパッケージに包まれているのかということは重要なのです。

商品を手にする顧客にとっても段ボールは商品に触れるよりも先に目にする存在となりますので、より期待感が高まる外箱であることが望まれているのです。

一般的によく見かける青果やスナック菓子などが入った段ボールではなく、カラーやデザインがきれいな段ボールなら、すぐに開いてリサイクルへと出すのではなく、そのままの箱状で何かに利用できないかと考える人も多いと思います。

廃棄する時には、きちんとリサイクルに出して新しい段ボールとなるように導いて欲しいものですが、リサイクルに出す以前に、まだ使用できる段ボールなら充分に使ってもらうことがエコロジーへとつながります。

リサイクルする時には、他の段ボールの原料と混ぜ合わさって、溶かして成形されるため、熱が必要で、二酸化炭素の排出もありますので、使える段ボールをそのまま利用することは、究極のエコロジーだと考えられるのです。

そのように長く利用してもらうことができる段ボールになるように、ブランドロゴや模様などを組み合わせた装飾効果が高い段ボールをデザインしている企業も多くあります。

ファッション業界や雑貨などを扱うメーカー、頻繁に大量の段ボールを扱うアパレル中心の通信販売業者などでは、女性に気に入られるような段ボールのデザイン設計にも余念がありません。

デザインが気に入ったお気に入りの段ボールなら、部屋のインテリアとして置かれていても、充分になじめるものとなります。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。