HOME >> エコな段ボール >> 機能性も高まる

機能性も高まる

段ボールにエコロジーを求めることによって、段ボールを合理的で効果的に使用しようと試行錯誤を繰り返すことになり、結果的には段ボールの機能性を高めることにつながります。

環境に優しい段ボールでありたいというところから始まっているので、段ボールの原料を無駄に使用することなく、効果的な梱包方法について研究することになるでしょう。

無駄な段ボールの原料を使用しないように意識すれば、自然と限られた原料でも以前より強度を高めようと研究が進んでいくものです。

そうは言っても、エコロジーを極めるための研究は、高度な結果が求められるため、実験を何度も繰り返さなければならないなど、その過程は簡単なことではありません。

既存の商品を梱包するためだけではなく、新商品が発売される時には、すぐにその梱包資材としての対応が求められます。

特に電化製品の業界では、季節ごとに新商品が発表されますから、そのたびに機能性が高い段ボールの梱包資材が求められるのです。

段ボールが持っている機能性は、商品を破損なく安全に輸送するために存分に発揮されることが望まれています。

そのような機能性を持ちながら、環境に優しい段ボールであるためには、緩衝材として段ボールを使用した後、展開してリサイクルに出しやすいことが大切です。

過度な糊付けがされておらず、ウレタンや発泡スチロールなどの別素材を使用しない梱包をしていれば、シンプルに段ボールだけを解体することになりますので、リサイクルしやすいものとなります。

企業単位で使用される段ボールは、個人での流通よりも遥かに大量ですから、機能性の高さとリサイクル率の高さとの両方にこだわることは、社会全体での大きなエコロジーにつながります。

特に近年の段ボールでの梱包では、工夫を感じられる点が多いので、新しく家電製品を購入するといったような機会があれば、どのように商品が収められているのかを観察してみるのも面白いかもしれません。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。