HOME >> エコな段ボール >> エコロジーとケチの違い

エコロジーとケチの違い

突然ですが、あなたの手元にAさんとBさんから別々の荷物が届いたとしましょう。

どちらの荷物にもエコ梱包が施されていますが、Aさんから届いた荷物の梱包はエコロジー、そしてBさんから届いた荷物の梱包はケチだという印象を持ちました。

この2人の梱包の差とは、一体何だと思いますか?1言で表すなら「受取人に対して優しさがあるか否か」ではないでしょうか。

エコロジーだという印象を受けたAさんの梱包には、確かに再利用の段ボールや緩衝材が使われていましたが、見た目にみすぼらしさを感じる程ではなく、何よりも真心の込もった手書きのメッセージが入っていました。

一方、ケチだという印象を受けたBさんの梱包には、同じく再利用の段ボールや緩衝材が使われていたことに違いはありませんが、見た目にひどく劣化しており、前に使った人が貼ったと思われる古いガムテープやシール、セロハンテープなどがそのまま残っていました。

メッセージも入っていたものの、ワープロ書きの何とも味気ないものでした。

......皆さん、もうお分かりですよね。

エコ梱包を行なうからには、受け取る側の立場になって少しでも見栄え良く、少しでも相手に喜んでもらえるように工夫する必要があるのです。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。