HOME >> エコな段ボール >> エコパッケージの推進

エコパッケージの推進

エコパッケージの推進には、私達消費者1人1人が意識を高め、意思表示をしていくことが欠かせません。

例えば、今やマイバッグは皆が持っているアイテムですが、マイバッグ運動を行なっていないお店でもきちんとレジ袋やショップ袋を断っているでしょうか?スーパーでマイバッグを利用する人はたくさん居ても、ショッピングセンターやデパート、コンビニ、ショップ(ブティックや雑貨店など)、個人商店などでマイバッグを使っている人はあまり見かけませんね。

当たり前のように商品を袋に入れてくれるお店でも、1言「袋は要りません」と断る勇気を持ちましょう。

車で行くなら、再利用の段ボールに入れて持ち帰るのも良いですね。

エコパッケージの輪は、そこからますます広がっていくのです。

それから、もう1つ私達に出来ることとしては「エコパッケージや地球環境に配慮した商品やお店を利用する」ということもあります。

例えば、リサイクル出来るトレイとそうでないトレイに入った食品では、どちらを選びますか?通信販売で、段ボールの再利用を推進しているお店とそうでないお店では、どちらを選びますか?

たとえ「そうでない」方が若干安かったとしても、再利用に力を入れている方を選ぶことで意思表示になるはずです。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。