HOME >> エコな段ボール >> エコパッケージと企業努力

エコパッケージと企業努力

エコパッケージを浸透させていくためには、客の理解を得なければなりません。

そのためには多大な企業努力が必要になるのですが、具体的にどのような取り組みが行なわれているのか幾つか事例を見ていくことにしましょう。

お客に喜ばれるという視点からでは、段ボールを再利用に適したデザインにするという方法があります。

例えば、段ボールの色をただのクラフト色ではなく斬新な色にしたり、柄付きにしたりといったことです。

受け取ったお客はこれをそのまま資源ごみに出すのはあまりにもったいないので、宅配便を送る際に利用したり、収納ケースとして使ったりなどして楽しむことが出来ます。

また、段ボールの再利用法を書いた紙を同封するという企業もあります。

自分では思いつかないような再利用法を提案してもらえますので、日々の生活を楽しく過ごすエッセンスにもなっているようです。

それから、よくあるのが「簡易包装に協力するとポイントがもらえる」というもの。

スーパーやショッピングセンターではもちろん、通信販売でも積極的に行なわれていますね。

エコに貢献して、ちょっと得も出来るなんて、消費者の心理を上手く付いた方法と言えるでしょう。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。