HOME >> エコパッケージとは >> エコパッケージのはじまり

エコパッケージのはじまり

img011

エコロジーはもちろん、エコノミーも視野に入れて、エコパッケージを各企業や会社が開発、販売を始めるようになりました。

少しでもごみを出さないような工夫をしたり、ごみを小さくできるようになっていたり、地球環境に優しい素材を使ったり、さまざまなエコパッケージが一般的に使われるようになってきました。

地球に優しい素材、と言われてもなかなかピンとこない人もいるかもしれませんが、たとえば、再生紙やミルパックス、バガス紙やケタフ紙を使用したり、日本古来の竹などの素材を上手に取り入れたりしたりといった会社などもあります。

また、日本古来と言えば、風呂敷などもエコロジーの観点から見るととても優秀なモノですので、その使用方法などが見直されてきています。

日本は、島国ということもありモノを大切にするという精神が強くありましたし、また質素倹約が美徳とされていたため、そのためのさまざまな生活の知恵や工夫といったものが多く存在していますので、エコパッケージを考えていく上で他国からも参考になる国であるということが言えるでしょう。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。