HOME >> エコパッケージとは >> 個人とエコへの取り組み

個人とエコへの取り組み

img017

「繰り返し使えるものを使う」ということが、個人で取り組むエコパッケージの原点と言えるのではないでしょうか。

現在では、ペットボトルのような簡易に仕える大変便利なものがあり、ペットボトルは利用後も分別してリサイクルできるとても優れたモノですが、個人の取り組みで言えば、もっともっと発展させて、水筒などのボトルを持ち歩くことによって、ごみとして捨てることなく、繰り返し使えるものでエコに貢献することが可能です。

また、風呂敷はさすがに普段から使わない、という人であっても、エコバッグなどを持ち歩いて、買い物した後はスーパーやコンビニエンスストアなどで袋をもらわずに、エコバックを繰り返し使えば、やはり家から出るごみを減らすことができますし、エコに貢献することができます。

個人でエコ活動に貢献することは、それほど特殊なモノを使ったりしなくても可能ですし、これは、エコロジーはもちろん、エコノミーにもつながることですので、そのどちらが目的であったとしても、個人でできる良い取り組みであるということが言えるのではないでしょうか。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。