HOME >> エコパッケージとは >> 企業のエコパッケージへの協力

企業のエコパッケージへの協力

img018

エコロジーに関係する言葉としてよく聞くものの中に、混ぜればごみ、分ければ資源、という言葉がありますが、これは実にその通りだと思います。

企業や会社がどんなに良いエコパッケージを開発し、提案を行ってくれたとしても、わたしたちがそれに協力して、分別を行ったり、せっかく回収を行ってくれているところへ持って行かなかったりすれば、どんなに優秀なエコパッケージを開発したとしても、それは結局ただのごみになってしまうのです。

企業や会社が、社会のエコロジーへの取り組みの促進役となるように動いてくれても、個人が協力してくれない限り、社会というものは動かすことができないのです。

企業や会社、そして社会がエコパッケージへ取り組んでいるのは、誰のためかということを考えれば、それは地球規模の話しで、みんなのためである、ということが言えます。

そしてそのみんなの中には、わたしたちひとりひとりはもちろん、わたしたちひとりひとりの大切な人も含まれているのですから、積極的に協力していくべきでしょう。

エコな段ボールパッケージングへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。